tel:0120700901

仏壇やすらぎ工房

お仏壇の掃除なら低価格・高技術の【やすらぎ工房】にお任せ下さい。職人料金で業界相場よりお安く直営費用で施工致します。お仏壇のお掃除から完全修復まですべての作業に対応しております。また、お仏壇のお引越しや廃棄処分などの作業も職人直営価格でさせて頂いておりますので、お気軽にお問い合わせください。仏壇は長年自宅に置いていると少しずつ汚れていきます。ホコリをかぶってしまうこともあるでしょう。  先祖に感謝する意味でも仏壇を定期的に掃除して綺麗に保つことが大切です。  ここでは仏壇の掃除方法について説明していきます。仏壇を掃除する時期・頻度 毎日仏壇に向かって拝んでいる人でも、仏壇の掃除をあまりしていない人も多いです。  仏壇を掃除する頻度に関して特に決まりはありませんが、普段から小まめに簡単なお手入れをする習慣を身につけるのが望ましいです。  その上で年に数回程度のきちんとしたお手入れをすれば、きっとご先祖様も喜んでくれるでしょう。

仏壇修復師の直営工房だからこその仏壇クリーニング費用で無料お見積り致します。お仏壇の掃除は安価で高い技術力の職人やすらぎ工房にお任せ下さい。お掃除から修理・洗浄・クリーニング・洗い洗濯(完全修復)まですべての施工に対応いたします。また、お仏壇のお引越しや移動移設(保管)、お仏壇の廃棄処分もさせて頂いております。日常的なお手入れ 毎日掃除をするのは大変だと思ってしまう人もいるかも知れませんが、手を合わせた際に軽くホコリを払うところからはじめてみましょう。ホコリが積もらなくなるだけで、だいぶ違います。毛ハタキでホコリを軽く払う程度であれば、時間もほとんどかかりません。  仏壇にむかって拝むのが毎日ではない人なら、数日に1回や1週間に1回くらいの頻度でもいいでしょう。  日常的なお手入れは、あまりしっかり掃除すると長続きしません。  負担にならず簡単にできる範囲内で小まめに長く続けていきましょう。   正月・盆・彼岸などのお手入れ 1年間に数回程度は、本格的にお手入れを行います。  正月やお盆、彼岸のときには親せきの人が来て仏壇にお参りをすることが多いでしょう。  なるべく綺麗な状態でお参りできるように、これらの季節的な行事に合わせてお手入れをしておきます。  また、先祖や故人の命日、誕生日などに合わせて掃除をするというのもいいでしょう。

こんなお悩みありませんか?仏壇掃除なら[やすらぎ工房]仏壇クリーニング洗浄専門工房、仏壇掃除の時期 必要と思い立った時が、重要なタイミングです  お仏壇の汚れや傷みが気になりだした時 四十九日や百か日、一周忌、三回忌などの法要の前に 初盆、お彼岸の前に 家の新築、建て替え、リフォーム、増築  お引越し ご実家から引き継ぐ時 子供や孫に引き継ぐ時 ご結婚や赤ちゃん誕生、就職などのお祝い事 退職、還暦、喜寿など人生の節目に 色々なタイミングがございます。 特に四十九日、百か日、年忌法要では、余裕をお持ちになり早めにご用命ください。仏壇の種類による汚れ方の特徴 金仏壇は触ってはいけない箇所が多く、普段のお手入れで汚れを落とすのが難しいです。  そのため、金箔が塗られている部分などにホコリがたまってしまうことがよくあります。  唐木仏壇なら普段小まめにお手入れをしていれば、ホコリもたまりにくいでしょう。  仏具が置かれている部分などは普段のお手入れでホコリを払うことが少ないため、汚れやすいです。  仏壇の材質・加工方法による掃除方法の違い 仏壇は大きく分けて唐木製のものと金箔が塗られているものに分けられます。  掃除の方法も仏壇の材質でやや異なるため、自宅の仏壇を見てどちらなのか確認しておきましょう。もうすぐ法事なのに、お仏壇ずいぶん汚れてるわねぇ!拭いてもおちないわねぇ.....お仏壇の洗い、修理、クリーニング、お洗濯することを専門とする会社でございます。皆様の大切なお仏壇を心をこめてていねいに施工いたします。安心してお任せください。仏壇掃除を始める前に気をつけたいこと 実際に仏壇掃除を始めるにあたって気を付けなければならないことがいくつかあります。  どれも仏壇の状態を良好に保つために必要なことです。  カビやすいため天気の良い日におこなう 仏壇は湿気に弱いです。  掃除をするときには換気のために窓を開けますが、雨の日や湿度の高い日だとかなり湿った空気が室内に入ってきます。普段は仏具などで隠れている箇所も、掃除中は外気に触れやすい状態になっているでしょう。  なるべく晴れていて湿度の低い日に行うのが望ましいです。

仏壇修理とは、仏壇は特にどの部分が痛みやすいのか、どんな痛み方をすることが多いのか、見ていきましょう。購入して10年以上経過する仏壇は、気付いていなくてもどこか痛んでいることが多いです。

やすらぎ工房のお仏壇修理についてご紹介致します。お問い合わせから完了するまでの一覧の流れもご紹介しておりますので、こちらもご覧ください。お見積もりは無料です。
 

お仏壇の修理価格

 

先進技術

 やすらぎ工房のお仏壇クリーニングは、金箔の表面の汚れを

 金箔や下地を傷めず、安全性の高い特殊な洗浄剤で洗い流し、

 部分的に痛みの激しい部分を状況に合わせて様々な修理方法

 で綺麗にする工法です。

 

伝統工法

 ※ 金仏壇・唐木仏壇、共に洗浄させて頂きます。

金箔お仏壇のお手入れ方法  お仏壇は「一に掃除、二に勤行、三に学問。」と言われるぐらい、きれいにしておくことが仏様への何よりの敬意になりますので、まず合掌をしてから、白手袋を両手にはめ、お仏壇のお掃除を始めましょう。 一般的な手順は、   ご本尊、脇仏、お位牌のお掃除  金箔部分・内部・彫刻部分のお掃除  漆塗り部分のお掃除  仏具類のお掃除 金箔で特に気をつけるのは、汗と指の脂です。金箔は指紋等がつきやすいので注意しましょう。毛ばたきで払うときは、芯が当らない様に十分注意し、細かいところの掃除は、筆タイプの毛ばたきで払いましょう。金仏壇 金仏壇は取り扱いに注意しなければなりません。  むやみに素手で触ると金箔が剥げてしまったり指紋が付いてしまったりすることがあります。濡らさないようにも注意が必要です。  水を使っていなくても、汗や皮脂が付いてしまわないように気を配りながら掃除します。  金箔が塗られている箇所を避けながら慎重にホコリを落としましょう。  もし、濡れてしまったり金箔が剥がれてしまったりすると修理費用もかかります。自信がない場合には専門の業者に依頼した方が無難です。金仏壇の掃除の手順 金仏壇の場合、金箔が剥がれたり、漆の部分に吹き跡が残ったりますので、 掃除をする時には細心の注意が必要です。     手順は、唐木仏壇と変わりませんが、金箔や金粉が施されている箇所には、 決して触れないよう気をつける必要がありますので、 掃除ができる箇所がとても少ないということを覚えて置くと良いでしょう。  また、吊灯篭(つりどうろう)や盛菊輪灯(もりぎくりんとう)など、 簡単に外すことができない場合、破損の原因となりますので、 ご自分で無理に取ることは控えましょう。  無理して、自分で掃除をしてしまうことで、金箔が剥げる、 漆が白濁してしまう等のトラブルが発生し、修復に予想外の金額がかかることがあります。 では、金仏壇を自分で掃除する時の手順について説明しましょう。  ①ご本尊様とご先祖様に、これから掃除をすることを伝えます  ②仏具を全て取り出します  ③埃を取ります  ④仏具を乾拭きします  ⑤仏具を全て元に戻します  ⑥ご本尊様とご先祖様に、掃除が終わったことを伝えます     ポイント ▼これから掃除をするので、少し騒がしくなることを伝えます。  ▼取り出す前に、写真を撮っておくと、戻す時に助かります。 また、新聞紙を準備していると、取り出した仏具を置く時に便利です。  ▼細部の掃除前の準備として、お仏壇の外側を中心に簡単に埃を軽く取ります。  ▼仏具を傷つけないよう、クロス等、傷が付きにくい拭き布を選びましょう。 お掃除が終わったことを伝えましょう。 その際、お花を新しくし、お線香をあげましょう。

【 詳細はこちら 】

唐木・家具調お仏壇のお手入れ方法 黒檀、紫檀など唐木で作られたお仏壇の場合は、毛ばたきで埃を払い、クロス(布)で乾拭きをします。 市販の艶だし液で仕上げると、いっそう艶が出て色も深みが増します。 彫刻の部分は、毛ばたきで払い、細かいところは、筆タイプの毛ばたきで払いましょう。唐木仏壇 唐木仏壇は黒檀や紫檀などの木目を生かして作った仏壇のことを指します。金仏壇を比べても、シンプルな形のものが多いでしょう。  材質として使用されている木の種類はさまざまですが、唐木仏壇であればどの木を使っていても掃除方法は大きく変わりません。  取り外し可能な仏具は取り外して、仏壇掃除用の筆でホコリを落とします。唐木仏壇の掃除の手順 ①ご本尊様とご先祖様に、これから掃除をすることを伝えます  ②仏具を全て取り出します  ③埃を取ります  ④上置きの汚れを落とし、乾拭き、つや出し(磨き)をします  ⑤下置きの汚れを落とし、乾拭き、つや出し(磨き)をします  ⑥仏具を乾拭きします  ⑦仏具を全て元に戻します  ⑧ご本尊様とご先祖様に、掃除が終わったことを伝えます     ポイント ▼これから掃除をするので、少し騒がしくなることを伝えます。  ▼取り出す前に、写真を撮っておくと、戻す時に助かります。 また、新聞紙を準備していると、取り出した仏具を置く時に便利です。  ▼細部の掃除前の準備として、お仏壇の外側を中心に簡単に埃を軽く取ります。  ▼上置き部分の汚れを落とした後、乾拭きをし、専用の仏壇クリームでつや出しをします。 欄間(らんま)や高欄(こうらん)など、彫刻が施されている繊細な箇所は、注意が必要です。 仏壇掃除専用の筆を使い、無理して汚れや埃を取らないようにしましょう。  ▼濡れた雑巾は、湿気の原因となりますので使用を控えましょう。  ▼上置きと同じですが、下置きは引き出しがあります。引き出しの内側は乾拭きのみを行いましょう。  ▼仏具を傷つけないよう、クロス等、傷が付きにくい拭き布を選びましょう。  ▼燭台や経机に蝋(ろう)が落ちている時には、蝋取りスプレーを使いましょう。  ▼事前に撮った写真を元に、仏具を戻しましょう。  ▼お掃除が終わったことを伝えましょう。 その際、お花を新しくし、お線香をあげましょう。

【 詳細はこちら 】

 

 

また、洗浄(クリーニング)は、安全性の認められた薬品を

使用致しますので、ご自宅での施工も可能です。

現状配置の写真を撮る 仏壇掃除をした後は、仏具を元の位置に戻しますが、元の配置をはっきり思い出せず困ってしまう人も少なくありません。普段目にしているものでも、正確な配置はなかなか思い出せないものです。  そのため、掃除を始める前にデジカメやスマートフォンで現状配置の写真を撮影しておきましょう。  掃除をした後は、写真を見て配置を確認しながら元に戻します。  仏壇掃除の流れ 仏壇掃除をするときには、最初にご本尊様とご先祖様対して、お断りをしておきましょう。  黙って掃除を開始すると、ご本尊様やご先祖様に対して失礼にあたってしまいます。  普段お参りをするときと同じように線香を上げて手を合わせてから、「これからお仏壇の掃除をさせていただきます」と言いましょう。お断りをしてから写真を撮影して仏具を外すという流れです。  外した仏具は新聞紙の上に置いておきましょう。  掃除は基本的に上の方から下の方に向かって行います。仏壇の上の方にたまっているホコリを落としていきましょう。  上置きの部分を綺麗にしてから、下台部分を掃除します。  掃除を終えたら、仏具を元に戻して線香を上げて手を合わせ、ご本尊様とご先祖様に掃除が終わったことを報告しましょう。

【 詳細はこちら 】

仏壇掃除の道具 仏壇掃除で使用する道具は、ほかの掃除でも使用する道具のほかに仏具店で取り扱っている掃除用品があります。  ほかの掃除でも使う道具としては、使い捨ての化学雑巾やティッシュ、綿棒、毛ばたきなどが挙げられます。  どれも100円ショップやスーパーなどで安く買える道具です。また、いらなくなったTシャツやストッキング、新聞紙なども用意しておくといいでしょう。  仏具店で取り扱っている道具は、仏壇掃除用の筆や、仏壇クリーム、金属磨き、ロウ取り用のスプレーなどです。  どれもそれほど高い道具ではありません。ほぼ1,000円以内で購入できます。  仏壇の掃除方法 仏壇の上の方の手が届きにくい部分は毛ばたきでホコリを取り除きましょう。無理なく手が届く部分は仏壇掃除用の筆で丁寧にホコリを落としていきます。  筆だけで汚れが落ちない箇所は化学雑巾で汚れを取り除きます。  仏壇クリームはある程度ホコリを取ってから塗りましょう。  いらなくなったTシャツに染みこませて塗るとよく塗れます。いらなくなったストッキングは乾拭きをするときに使うと便利です。  細かな隙間にたまっているホコリは仏壇掃除用の筆で優しく撫でるようにして落とします。  汚れが取れない場合には、綿棒を使用して落としましょう。  仏壇クリームも綿棒を使うと、細かな隙間にも塗れます。

【 詳細はこちら 】

 

仏壇を掃除する際の注意点 仏壇掃除はやり方を間違うと、掃除前よりも状態が悪くなってしまうので注意が必要です。  金仏壇と唐木仏壇の両方に共通して注意すべき点は、濡れた雑巾で拭かないことです。金仏壇の場合には金箔が剥げる原因になってしまいます。  漆が塗られている部分も水拭きすると拭き跡が残ってしまうことが多いです。唐木仏壇も水拭きすると水が木に染みこんで、カビが発生しやすくなってしまいます。  洗剤やアルコールスプレーなども使用してはいけません。拭くときは乾拭きですが、目の粗いタオルは傷ついてしまう可能性があるので、使わない方が無難です。  いらなくなったストッキングが特にない場合には、なるべく柔らかめのタオルを使用しましょう。その時は、綿棒で細かい隙間を掃除するときにも、あまり力を入れすぎないように注意が必要です。  仏壇掃除のプロに依頼する方法 自分で仏壇掃除をするのが不安な場合には、プロに依頼する方法もあります。  特に金仏壇の場合には一般の人が掃除するのは難しいため、プロに依頼した方が安心でしょう。  ハウスクリーニング業者に依頼しようとする人もいますが、ハウスクリーニングとは別に仏壇掃除を専門とする業者があります。

 

職人の施工中の様子

#仏壇洗浄修復やすらぎ工房

 

やすらぎ工房の特徴!金箔はふとした事で簡単に剥がれて真っ黒な下地が見えるようになってしまいます。剥がれた金箔は新たに貼って修復するしかありません。お仏壇の部品ごとに分解し、1つずつ心をこめて金箔の貼り直しを行います。

 

その1:職人直の施工費用

【職人直営工房】やすらぎ工房は、本当に職人工房で全ての作業を職人が行います。施工料金を明確にし実際の作業風景も透明化しております。掃除とお手入れ お掃除の時期と道具 お掃除の時期 本格的なお掃除をするのは、お正月、お盆、春と秋のお彼岸前を目安として下さい。 普段は、ホコリや汚れが目立つ部分をお仏壇専用の毛ばたきやクロス(布)で掃除して下さい。 お掃除道具 毛ばたき、クロス(布)、真鍮磨き、白手袋など。下塗りから中塗り、上塗りと続き最後に仕上げ塗りというように、何度も手間をかけて塗り替えていきます。本漆での塗替えはもちろん、カシューでの塗替

【仏壇掃除】料金!仏具類のお手入れ 金属仏具で黒っぽい色付けや金メッキ・セラミック加工等を施してある三(五)具足・輪灯等は、表面の加工が剥がれる可能性があるので クロス(布)で丁寧に拭き、艶だし液や真鍮磨きで磨かないで下さい。おリン等の真鍮製のお仏具は、金属磨き粉(真鍮磨き)で磨きましょう。欄間は傷つきやすいので、筆先の柔らかい 筆タイプの毛ばたきでゆっくり丁寧に 払いましょう。塗りの部分は毛ばたきではたいた後、 クロスで 拭いて下さい。取れにくい場合は艶出し液を クロスに少量つけ、伸ばすように拭きましょう。ご本尊、脇仏、お位牌など、毛ばたきで 静かにホコリを払いましょう。細かいところは 無理をせずに、軽く払いましょう。

【 詳細はこちら 】

 
 
その2:安心の技術
 
昔の仏壇は職人の手打ち金具がほとんどです。古くなって変色・変形した金具を再生いたします。再生できない場合は必要に応じて新品に取り替えます

 

やすらぎ工房のお仏壇の洗浄について、 どうすればホームページを見て頂いた方に 詳しくお伝えできるか? 他社とやすらぎ工房との違いをどう アピールするか?悩みました。費用の目安 プロに仏壇掃除を依頼した場合に、通常の掃除であれば5万円から20万円程度の費用がかかります。仏壇の大きさによって料金が決まっているところが多いです。  コンパクトサイズの仏壇であれば5万円から6万円で済みますが、高さが1メートルを超える通常サイズの仏壇だと12万円から15万円くらいかかります。  やや高いと感じる人もいるかも知れませんが、数年に1度くらいの頻度でプロの業者に掃除してもらっている家庭も多いです。  業者に頼むメリットの一つに、一般の人が自分で掃除しただけではなかなか落とせない汚れも落としてもらえることが挙げられます。  自分で掃除するのが難しい金仏壇も綺麗にできるため、15万円くらい費用はかかってもプロに仏壇を掃除してもらう人は多いです。  掃除以外に依頼できること 仏壇掃除の専門業者では、通常の掃除のほかに洗浄クリーニングや金箔、漆の塗り替えなども依頼できます。  洗浄クリーニングというのは、仏壇をパーツごとに細かく分解して1つ1つのパーツを綺麗に掃除することです。  通常の仏壇掃除と比べてかなり綺麗になります。  新品同様の状態になるでしょう。  金箔や漆も長く使っていると剥げてしまうこともあり、塗り替えが必要になります。そこで、実際に施工している職人工房ならではの、作業中の写真を 前面に使い、どのように作業をしているか? ご自宅への出張施工はどのようにするのか? など、なかなかわかりずらい作業中の様子を 少しでも多くの写真を使う事で お伝えできればと思いました。掃除が楽な仏壇の紹介 古風で威厳を感じさせるような作りの仏壇は、複雑に入り組んだ部分が多く掃除が大変です。  逆に洋室にも合うモダンなデザインの家具調仏壇の場合、形がシンプルで楽に掃除できます。中の仏具を簡単に取り出せる。細かく入り組んだ箇所もない。全体的に凹凸が少ないため、化学雑巾などで掃除できるといった仏壇も増えています。掃除が楽な仏壇を探している人にはおすすめです。

 

お仏壇を購入した後、次に気になるのは、掃除についてではないでしょうか。 大切なお仏壇は、いつも綺麗にしていたいものです。 こちらでは、日々の掃除から全ての仏具を取り出して行う大掛かりな掃除、 業者に依頼する掃除など掃除に関してご紹介します。お仏壇を購入した後、次に気になるのは、掃除についてではないでしょうか。大切なお仏壇は、いつも綺麗にしていたいものです。こちらでは、日々の掃除から全ての仏具を取り出して行う 大掛かりな掃除に関してご紹介します。仏壇を日々の掃除する手順 日々の掃除は、目立つ汚れや埃を払う程度で大丈夫ですので、 ここで大切なことは、金仏壇に関しては、 金箔や金粉が施されている箇所は、絶対に触れないようにすることです。   ①ご本尊様とご先祖様に、これから掃除をすることを伝えます  ②埃を払います  ③汚れを取る  ④ご本尊様とご先祖様に、掃除が終わったことを伝えます  ポイント:  ▼これから掃除をするので、少し騒がしくなることを伝えます。  ▼使用するハタキは、専用のハタキを使うことをお勧めします。 一般的なハタキは仏壇を傷つける可能性があります。  ▼サッサなどの化学繊維雑巾で汚れを取ります。  汚れを無理して取ることはせず、力を入れずに優しく拭くことをお勧めします。  ▼お掃除が終わったことを伝えて、お花を新しくするもしくは お水を入れ替え、お線香をあげましょう。     仏具を取り出して行う掃除する手順 こちらでは、自分で全ての仏具を取り出して、本格的に掃除をするときの流れについて、 ご説明します。掃除をする際のポイントについてもご紹介していますので、 併せて参考にしてください。  また、流れを見てしまうと、1日で終わらせなければいけないと思いがちですが、 数日かけて掃除をしても問題ありませんので、無理の無いペースで進めましょう。

スマホの方はプッシュで電話番号を表示します

仏壇の掃除に関してご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 掃除は日々行うことで、汚れや劣化の減少に繋がります。 毎朝のお参りの前にハタキをかけるなど、習慣化してしまうと面倒臭さも無くなります。  大掛かりな掃除に関しては、年間スケジュールをたてるのも良いですね。 大切なご本尊様、ご先祖様も気持ちよく安置される環境を作ることで喜んでくれる上、 現世に生きている私たちも気分がよくなります。  毎日、手を合わせたくなるようなお仏壇の環境を作り、お仏壇のある素敵な生活を送ってください。

 

迅速対応地域

大阪府、金仏壇の金箔に傷がついたり、剥げてしまうこともあります。  普段仏壇の掃除をするときには、金箔の部分には触らないようにして行いますが、うっかり触ってしまうこともあるでしょう。  金箔の部分はかなりデリケートなので、不用意に触れてしまうと剥げてしまう恐れもあります。漆が塗られている部分も触ったり擦ったりすると傷がつくこともあります。 京都府、年月の経過により、少しずつ色あせが生じます。  特に安価な唐木仏壇など、木目が自然の木目ではなく印刷して描いた木目であることが多いです。仏壇を修理する方法は修理の規模によって3種類に分かれています。

兵庫県、部分修理 仏壇修理の方法のうち、もっとも簡単な方法が部分修理です。その名の通り、壊れてしまった部分を直すことを指します。  例えば、歪みが生じて扉の開け閉めができなくなってしまったときに、歪みを解消して不便なく開け閉めできるように直すようなケースのことです。  修理をする上で洗浄が必要であれば簡単に洗浄も行いますが、そうでない場合には洗浄までは行いません。  あくまで特定部分の機能を回復させるのが部分修理です。 奈良県、部分修復 部分修理よりも、もう少ししっかりした修理方法が部分修復です。  修復というのは、元の状態に戻すという意味です。  壊れた部分を修復すると言った場合には、機能的に回復するだけでは足りません。同じ素材を使って外見も購入時と同じ状態にすることが修復です。  例えば、金仏壇で金箔が剥がれてしまったというときには部分修復に含まれます。  また、部分的に元の状態に戻すため、対象箇所が汚れていれば洗浄も行います。  部分的にくすみや色あせが気になるときに行うのも部分修復です。

滋賀県、お洗濯(完全修復) 仏壇のお洗濯というのは全体の状態をチェックして修復することです。  伝統的なお仏壇、特に金仏壇は補修して使うことを前提に、細部の部材まで取り外すことができます。破損した部材を修復・交換しながら、代々子孫に伝えられるよう、作られています。  それぞれ専門の職人が新品のお仏壇を作るのと同様の行程で行うため、お洗濯後は新品同様の輝きを取り戻します。  お洗濯を行うときには、仏壇をいったんパーツごとに分解します。分解することで細部に傷が付いている部分も見つけ出し、すべてのパーツを洗浄、修復する大がかりな作業です。  埃やすすを落とし、木地、彫刻、金具などの補修。部品交換、締めなおしなどを行います。長年使用していると金具が錆びてくることも多いですが、お洗濯では錆も落としてくれます。  金仏壇であれば、金箔の貼り直しや漆の塗り直し、蒔絵の描き直しも行います。  金箔や漆が剥げていた場合はもちろんのこと、経年によりくすんでしまっていたり色あせてしまっていたりした場合にも見違えるように綺麗になるのです。  ただし、仏壇の種類によってはお洗濯ができない場合もあります。また、お洗濯を行うにはかなり時間がかかることも留意しておきましょう。  金仏壇であれば2ヵ月から4ヵ月程度かかります。  なお、仏壇によってはそのつくりや素材などの関係で、修理ができるものとできないものもあります。詳しくは仏壇仏具店に確認しましょう。 和歌山県、仏壇修理を行う際に気になるのは費用でしょう。  仏壇修理は修理の種類や依頼する業者によっても差があります。相場の金額幅 仏壇修理の費用は仏壇の大きさによって差があります。主にマンション住まいの人が使っている小型の仏壇であれば10万円から20万円くらいが相場といわれています。  もう少し大きめのサイズであれば20万円から40万円くらいでしょう。大きめの仏壇であれば50万円以上かかります。  ただ、お洗濯までは行わず部分修理や部分修復だけ依頼するのであれば、もっと安く済みます。修理や修復をする箇所が少なければ数万円から10万円程度で済むことも多いようです。  いずれもケースによって異なりますので、まずは見積りをとって検討します。

 

▲ページトップ