tel:0120700901

仏壇やすらぎ工房

 

仏壇の移動や移設・運搬作業について

 

お仏壇の運搬は金庫やピアノの 運搬と同じように分解や設置に 特殊な専門知識や技術が 必要となります。 また、お仏壇には様々な 装飾品や仏具があり、 扉部分や取っ手、角部分なども 繊細に作られています。仏壇はずっと同じ場所に置いている家庭がほとんどで、基本的に移動させないのが望ましいです。しかし、移動しなければならない事情もあるでしょう。  本尊やご先祖を祀ってある仏壇は、通常の家具とはその扱いはやや異なります。移動の際に気を付けなければならないこともあるため注意が必要です。  ここでは仏壇の移動・引越し方法について詳しく解説していきます。  メモリアル仏壇 目次 仏壇の移動が必要になる事情 仏壇の移動で供養が必要な場合 仏壇の移動で供養が不要な場合 仏壇の引越しの礼儀作法 仏壇引越しの移動手段の種類 仏壇の引越しを依頼する場合の費用 仏壇の引越し業者の選び方 仏壇の移動が必要になる事情 仏壇は長く使うものです。その分、何度かは移動させなければならない機会もあるかもしれません。どんなときに仏壇の移動が必要になるのか見ていきましょう。  家の引越し 現在住んでいる住宅に仏壇を置いていて、引越しをする場合には、仏壇も一緒に新居に運び込むことになります。  賃貸住宅に住んでいる人が新築で家を建てた場合や中古住宅を購入した場合などです。  また相続の際に実家の仏壇を承継するような場合にも、仏壇を移動します。  建て替え 実家などに仏壇を置いているケースでは、家を引っ越すことはあまりないでしょう。  しかし、家の建物が古くなってくると、建て替えをすることがあります。  古くなった家を一度壊してから新しく家を建設するため、工事期間中は家財道具をすべてほかの場所に移動させなければなりません。  当然のことながら、仏壇も移動させます。  住んでいる人も仮住まいを用意して一時的に引っ越すため、家財道具も仏壇も仮住まいに一時保管するケースが多いです。  新居が完成した後に引っ越すため仏壇も2回移動することになります。  また、仏壇専門の引越し業者なら、仏壇を預かってくれることもあります。  部屋のリフォーム 部屋をリフォームするときにも、仏壇を移動させなければならないことがあります。  リフォームする部屋が仏壇を置いている部屋なら、ほかの部屋に移動させるでしょう。  今後は移動した先の部屋にずっと置いておく予定なら、1回の移動で済みます。  リフォーム後の部屋に置いておくのであれば、2回移動させなければなりません。   片付けなど 部屋の片付けや大掃除をするときに、仏壇も少し移動させることがあります。  仏壇を動かしてみると、綿ぼこりなどのゴミが非常に多くたまっていることが多いです。  物を落として仏壇と壁の間に入って行ってしまったようなときにも、仏壇を動かす機会はあるかも知れません。  仏壇の移動で供養が必要な場合 仏壇を移動させる際に供養を行わなければならない場合があります。  では、どんな移動の仕方をするときに供養が必要なのか見ていきましょう。  こころあ堂 引越しする場合 仏壇を購入した際には、開眼法要(魂入れ)を行います。魂を入れることで、仏壇は一般的な物から、手を合わせる対象になると考えられています。  そのため、家の外に仏壇を出す場合には、今度は魂をいったん抜かなければなりません。  お寺の僧侶に依頼して閉眼供養(魂抜き・お性根抜き・御霊抜きとも言います)をしてもらいます。  家の外に出して移動させるときというのは、主に引越しをするときですが、新居に運び込んだ後には、改めて開眼法要を営み、魂入れを行います。  同じ敷地内にある別家屋(離れなど)への移動 敷地の広い家だと同一敷地内に離れを設けている場合もあります。  母屋に置いていて仏壇を離れに移動させることもありますが、この場合にも供養が必要です。  敷地や建物の所有者が同じであっても、いったん外に出ることになるため引越しに準じた扱いになります。同一敷地内であれば移動に時間があまりかかりません。  そのため、閉眼法要と開眼法要は1日で済ませるのが一般的です。  僧侶に2回来てもらうよりは、移動中は少し待っていていただき、一度に行った方が僧侶にとっても都合がいいでしょう。  法要の必要については、菩提寺やご家族の考え方によっても異なります。迷ったときには、お寺、または仏壇仏具店に相談してみましょう。  仏壇の移動で供養が不要な場合 仏壇を移動させても供養を行わなくて済む場合もあります。  では、どんな移動なら供養なしで済むのか見ていきましょう。  同じ家屋内での部屋間の移動 家の外には出さずに、同じ家の中で別の部屋に移動する場合には特に供養は必要ありません。1階から2階へ移動するときや、リビングから別の部屋に移動させるような場合です。  ただ、仏壇の取り扱いには十分に注意して行いましょう。  線香を上げて拝んだ上で、ご先祖に対して一言断ってから移動するのが丁寧です。移動後にもご先祖に移動が済んだ旨を報告しておきましょう。  また、位牌やご本尊様を運ぶ際には、白い布などで包むのが望ましいといわれています。  同じ部屋の中での配置変え 同じ部屋の中で仏壇を移動させるときにも、供養は必要ありません。  線香を上げて、ご先祖に一言断った上でそのまま移動させましょう。  位牌やご本尊様を動かすときにも、特に白い布で包まなくても問題ありません。  仏壇の引越しの礼儀作法 仏壇の移動はどんな日に行えばいいのか、どんな点に気を付けて運び出せばいいのか見ていきましょう。  日柄は大安がよい? 特別なことを行うときには六曜を気にする人が多いでしょう。六曜というのはカレンダーに書いてある大安や仏滅、友引などのことです。  本来、仏教の教えとは関係がありませんが、習わしを大切にしたいということであれば、仏壇の引越しの日取りも、すべてのことに関して吉日とされている大安の日を選ぶのがよいでしょう。   運び出し・運び入れの順序 運び出すときには、あらかじめ閉眼法要を済ませた上で、仏具を取り外してから運び出します。取り外した仏具は丁寧にさえ扱えばほかの荷物と一緒に運んでも問題ありません。  また、仏具を取り外す前に写真を撮影しておくといいでしょう。  そうすれば仏具を元に戻すときに、配置が分からず困ることはありません。  新居に運び入れたら、設置予定の場所に仏壇本体を置きます。しっかり固定してから取り外した仏具を元に戻します。その後、僧侶に来てもらって開眼法要をするという順序です。  引越しの際には、仏壇がほかの荷物よりも後に旧居を出ます。そして、最初に新居に入れるのが正しい作法といわれています。そうすることで、ほかの荷物の出し入れをしている最中に仏壇をトラックの中に放置せずに済みます。  やってはいけないこと 仏壇をトラックで運搬する際に、横に倒して積むのは避けましょう。  縦の状態のまま倒れないように固定して運びます。本尊様や位牌、遺影などは業者のトラックで運ぶのではなく自分で運ぶのが望ましいです。  仏壇引越しの移動手段の種類 実際に仏壇の引越しをする際にどのようにして行えばいいのか、移動手順を見ていきましょう。  事前準備 仏壇の引越しをする前に閉眼法要を行います。  寺院の都合などもありますので、引越しが決まったらなるべく早めに、菩提寺に依頼しておきましょう。  実際に供養を行うのは引越しの1週間前から前日くらいまでの間が一般的なようです。  供養が済んだら、写真を撮影してから仏具を取り外して荷造りを行います。  自分で行う場合の手順 自分で仏壇を運び出す場合には仏壇と、新居での設置場所などのサイズを測っておく必要があります。  幅と高さと奥行きの3辺を測ります。  大型の仏壇の場合には、出入り口のサイズもあらかじめ測っておくと、当日慌てません。運び出しと運び入れが無理なくできることを確認してから移動させます。出入り口のほかに、廊下や階段なども無理なく通れるかどうか確認しておくとよいでしょう。  仏壇を運ぶときには滑り止め付きの軍手を使用して、2人以上で行いましょう。  新居で仏壇を設置したら、写真を見ながら仏具を取り付けます。  そして、僧侶から開眼法要をしてもらいましょう。  依頼する場合の依頼先 仏壇の引越しは販売店か仏壇専門の引越し業者に依頼するのがいいでしょう。  仏壇の扱いに慣れているので、安心して依頼できます。  一般の引越し業者に仏壇の引越しを依頼すると断られることもあります。また、断られなくても、一般の引越し業者は仏壇の扱いにはあまり慣れていないこともありますので注意が必要です。  注意点 仏壇を輸送するときには仏壇を横にしたりうつ伏せの状態にしたりするのは避けましょう。  縦のまま車に積めない場合には、仰向けにして乗せます。  また、仏壇が大きすぎる場合には、自分で運ぶのはやめておいた方が無難です。仏壇は高価なものが多く、もしも傷がついたり、壊れてしまっては大変です。さらに重量があるものも多いです。無理はせず、専門家に任せられるところは、任せた方がよいでしょう。  仏壇の引越しを依頼する場合の費用 仏壇の引越しをする際にどのくらいの費用がかかるのかおおよその目安を見ていきましょう。  自分で行う場合 自分で仏壇を運び出す場合には、大きな費用は特に掛かりません。ただし供養の際にお寺にお布施をお渡しします。お寺との関係もありますが、数万円程度と考えておきましょう。  そのほか、軍手や梱包材などが必要ですが数百円から数千円程度でしょう。  そのほか、移動手段にかかわるものです。距離が長ければガソリン代も考慮しておく必要もあります。  依頼する場合の費用 仏壇の引越しを業者に依頼する場合には、事前に見積もりを取ります。ホームページなどで「いくらから」とうたっているものもありますが、仏壇の大きさや移動距離によって異なります。サイト等で出されている金額には条件や制約もあるので、きちんと確認しましょう。  費用に影響する要素 自分で運ぶ場合も依頼して移動させる場合も、移動距離が費用に大きく影響します。  依頼する場合には仏壇の大きさや種類によっても金額が違って来るでしょう。  大きな仏壇は相応に料金が高いです。  扱いが難しい金仏壇も料金を高めに設定している業者が多いです。  引越し時期も費用に影響することがあります。  仏壇の引越し業者の選び方 仏壇の引越しが必要になった際には、まず仏壇を購入した仏壇仏具店に相談しましょう。古くからある仏壇で、どこで購入したかわからない場合には、近隣の仏壇仏具店や、菩提寺などに相談してみましょう。移動距離が長い場合には、仏壇専門の引越し業者に依頼します。  また家の引越しも行うのであれば、ほかの家財道具を依頼する引っ越し業者に、仏壇の引っ越しもできるかどうか、確認します。費用面を重視したいのであれば、一般の引越し業者で仏壇の引越しに対応しているところを選んだ方が全体的には抑えられるかもしれません。  いずれの場合も、きちんと見積りをとって、比較検討しましょう。

お仏壇の移動は大切な 「仏事」です。 お仏壇設置の方角や方法などを 適正に行うのにも専門の知識が 必要です。 大切で特殊なお仏壇の移動は、 専門会社にお任せ下さい。

 

● お仏壇の引越し・移動の費用

 

弊社は引越し業者ではありません。仏壇メーカー直販の会社です。 引越し業者様からも仏壇のみの移動を依頼されます。 仏壇のプロが大切な仏壇のみを移動先にお届けします。 弊社の主な仕事は大切なお仏壇のお掃除(埃取り)をさせて頂く事です。その為に移動(引越し)が必要なのです。 また、宗派に合わせた正しい仏具の並べ方でセッティングする等のサービスも同時に行い、 電装、その他に不具合が無いかをその場でチェックします。

引越し&クリーニングは、製作のプロのスタッフが出向き、 一品ずつていねいに確認し、仏壇の掃除をし、宗派に合わせて仏具をセットします。 特に大きい仏壇は、その場で分解したり組み立てたり、他の引越し業者では苦手な部分を 慣れたスタッフが実施します。 お仏壇が通路を通らない…二階に設置したい等々。 これまで多くのご要望にお応えしたスタッフが、よろこんで問題を解決させて頂きます。 お仏壇のお引っ越し お仏壇を引っ越しさせるときの基本的な作法 先祖代々受け継ぐ、大切なお仏壇。【精抜き】や【精入れ】などの儀式をしたり、デリケートな細工を守るための丁寧な梱包が必要だったりと、お仏壇の引越しは専門的で手間のかかる作業になります。ここでは、そんなお仏壇のお引越しについてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。  お仏壇を引っ越しさせるときの基本的な作法・儀式が3つあります。 最後に家(旧居)を出て、最初に家(新居)に入る 仏間や家から出す際には、位牌とご本尊の魂を抜く“精抜き”を行う 新たな仏間や家に安置する際には再び魂を入れる“精入れ”を行う 以上が基本とされていますが、近年では【精抜き】【精入れ】を省略される家庭も多いようですので、儀式を行うかなどをご家族で相談しておきましょう。 なお、作法や儀式は宗派や地域によって変わりますので、引越が決まった段階で、普段お世話になっているお寺さんや住職さんに作法について確認しておくことをおすすめします。  ※【精抜き】【精入れ】の呼び方は、宗派や地域によって変わりますのでご注意ください  荷造りの注意点 自分で荷造りをする場合は、仏具、装飾品を無理に外そうとはせず、できる範囲までにしましょう。 細かい仏具は丁寧に個別包装して、ひとつのダンボールに詰めましょう。 荷造りをする前に仏壇全体の写真を撮っておくと、引っ越し後の設置に役に立ちます。  専門業者に依頼する 基本的にお仏壇の搬送は引越業者に依頼できますが、より丁寧な作業を希望する場合は専門の業者に依頼するのもいいでしょう。 お仏壇のプロが梱包、搬出、設置までを行っていますので安心です。ぜひ当店におまかせ下さい。ご利用の流れ STEP1お電話の場合、次の内容をお聞き致しますのでお伝え下さい ご供養・処分されたい対象物 仏壇・仏具・仏像(又は掛軸)・位牌・神棚・遺影その他(写真・アルバム・遺品類) お仏壇の寸法など お仏壇の高さ・巾、お位牌の柱数、ご遺影の枚数、神棚の寸法など 御魂抜き・お性根抜き(閉眼供養)の要・不要 出張回収に伺う場所のご住所 お仏壇搬出場所の詳細 一戸建 or マンション? 何階? 階段 or エレベーター? 玄関前に駐車可能? お伝え頂きましたら通常その場でお見積致します。  STEP2お仏壇等の引取り(回収)日時の打合せやお客様連絡先 (お名前、ご住所、回収当日の電話番号等)をお聞き致します。  STEP3お仏壇等をお引取りに伺います ご親族様とお仏壇等との最後のお別れになりますので、できればきれいに掃除をしてあげておいて下さい。 又、仏壇内部のもので貴重品、大切なものなどは必ずご自身で取り出し、保管しておいてください。  香炉の灰、花立ての水、仏花、お供え物などはあらかじめ処分しておいて下さい。 お仏壇本体は、当社で梱包し、搬出しますので、そのままにしていただいて結構です。 お支払いは現金にてお願い致します。 STEP4お仏壇を弊社供養場へ運搬し、ご供養日まで保管致します お焚き上げ専用焼却炉にてお焚き上げを行います  お位牌 お仏具(木製かつ小型の物) お仏壇内部の一部の物(仏像および掛軸・内部扉など取りはずし可能なもの) ご遺影(写真部分のみ、額縁、ガラスは不可) 神棚の一部(御神札は神社へお納めいたします) その他(写真類等) 上記以外の物は産業廃棄物処理法にのっとり処分致します。

■ やすらぎ工房のお仏壇移動はやすらぎ工房の

 仏壇修復師が作業いたします。

 

■ お仏壇移動の作業風景

 

 

● 仏壇のお預かり


仏壇保管,仏壇預かり!スタッフがお仏壇のお引取りに伺いま す。仏壇仏具を丁寧に確実に運び出します。 簡単なホコリ取りをさせて頂きます。本格 的なクリーニングも別途受け付けております。宗派に合わせた正しい仏具のお飾りや、 電気配線もさせていただきます。
 
引越しや家のリフォーム、建て替えなどで設置先のご準備ができていない場合は、お預かりいたします。

仏壇預かり,仏壇保管。お仏壇という「物」ではなく、その「心」「魂」を運び出すお仏壇引越しのプロ集団なのです。   クマダは安さを追求するのではなく、「安心・丁寧・親切」というサービスを追求し、仏壇を知り尽くしたスタッフが大切なお仏壇をお運びします。 仏具はひとつひとつ包装し、桐箱に入れます。 移動後は、お仏壇内の掃除をしてから、宗派に合わせた仏具の並べ方・飾り付けを行い、ご希望の方には仏具のご説明までさせていただいております。 全国のお客様からご好評を頂いております。

 

熟練のプロが手造りで仕上げます。 そんな仏壇仏具を一から手がけるメーカーでもあるクマダ。 仏具の繊細な部分、 破損しやすい部分を知り尽くしているのです。 また、元梱包資材メーカーのスタッフの指導により、その仏具に最適な梱包を行う事ができます。 製作のプロ、梱包のプロ、それぞれの職人がいるから出来る最高のお仏壇お引越し。 それが、やすらぎ工房のお仏壇お引越しなのです。

・通常、当日のお届けになりますが、お引っ越しの距離により、お日にちを頂く場合がございます。 ・お引取りとお届けの間に保管期間が発生する場合は別途お見積もりになります。予めお問い合わせください。  ・クリーニング有りの場合、納期を1ヶ月頂きます。設置日のご指定をご確認下さい。


 

 cost_gold   cost_karaki

 

スマホの方はプッシュで電話番号を表示します

 

迅速対応地域

大阪府、金仏壇の金箔に傷がついたり、剥げてしまうこともあります。  普段仏壇の掃除をするときには、金箔の部分には触らないようにして行いますが、うっかり触ってしまうこともあるでしょう。  金箔の部分はかなりデリケートなので、不用意に触れてしまうと剥げてしまう恐れもあります。漆が塗られている部分も触ったり擦ったりすると傷がつくこともあります。 京都府、年月の経過により、少しずつ色あせが生じます。  特に安価な唐木仏壇など、木目が自然の木目ではなく印刷して描いた木目であることが多いです。仏壇を修理する方法は修理の規模によって3種類に分かれています。

兵庫県、部分修理 仏壇修理の方法のうち、もっとも簡単な方法が部分修理です。その名の通り、壊れてしまった部分を直すことを指します。  例えば、歪みが生じて扉の開け閉めができなくなってしまったときに、歪みを解消して不便なく開け閉めできるように直すようなケースのことです。  修理をする上で洗浄が必要であれば簡単に洗浄も行いますが、そうでない場合には洗浄までは行いません。  あくまで特定部分の機能を回復させるのが部分修理です。 奈良県、部分修復 部分修理よりも、もう少ししっかりした修理方法が部分修復です。  修復というのは、元の状態に戻すという意味です。  壊れた部分を修復すると言った場合には、機能的に回復するだけでは足りません。同じ素材を使って外見も購入時と同じ状態にすることが修復です。  例えば、金仏壇で金箔が剥がれてしまったというときには部分修復に含まれます。  また、部分的に元の状態に戻すため、対象箇所が汚れていれば洗浄も行います。  部分的にくすみや色あせが気になるときに行うのも部分修復です。

滋賀県、お洗濯(完全修復) 仏壇のお洗濯というのは全体の状態をチェックして修復することです。  伝統的なお仏壇、特に金仏壇は補修して使うことを前提に、細部の部材まで取り外すことができます。破損した部材を修復・交換しながら、代々子孫に伝えられるよう、作られています。  それぞれ専門の職人が新品のお仏壇を作るのと同様の行程で行うため、お洗濯後は新品同様の輝きを取り戻します。  お洗濯を行うときには、仏壇をいったんパーツごとに分解します。分解することで細部に傷が付いている部分も見つけ出し、すべてのパーツを洗浄、修復する大がかりな作業です。  埃やすすを落とし、木地、彫刻、金具などの補修。部品交換、締めなおしなどを行います。長年使用していると金具が錆びてくることも多いですが、お洗濯では錆も落としてくれます。  金仏壇であれば、金箔の貼り直しや漆の塗り直し、蒔絵の描き直しも行います。  金箔や漆が剥げていた場合はもちろんのこと、経年によりくすんでしまっていたり色あせてしまっていたりした場合にも見違えるように綺麗になるのです。  ただし、仏壇の種類によってはお洗濯ができない場合もあります。また、お洗濯を行うにはかなり時間がかかることも留意しておきましょう。  金仏壇であれば2ヵ月から4ヵ月程度かかります。  なお、仏壇によってはそのつくりや素材などの関係で、修理ができるものとできないものもあります。詳しくは仏壇仏具店に確認しましょう。 和歌山県、仏壇修理を行う際に気になるのは費用でしょう。  仏壇修理は修理の種類や依頼する業者によっても差があります。相場の金額幅 仏壇修理の費用は仏壇の大きさによって差があります。主にマンション住まいの人が使っている小型の仏壇であれば10万円から20万円くらいが相場といわれています。  もう少し大きめのサイズであれば20万円から40万円くらいでしょう。大きめの仏壇であれば50万円以上かかります。  ただ、お洗濯までは行わず部分修理や部分修復だけ依頼するのであれば、もっと安く済みます。修理や修復をする箇所が少なければ数万円から10万円程度で済むことも多いようです。  いずれもケースによって異なりますので、まずは見積りをとって検討します。

 

 

▲ページトップ